これまでにDEPAK技術が取得した特許をご紹介します。

冷凍品の解凍方法(アメリカ特許)

Patent No. US9,839,229B2

日本の特許第6209404号に相当する内容のアメリカ特許

活性水製造方法および装置

特許第3713454号

通常水に100V~50000Vの高電圧を印加しながら、45℃以上、100℃以下まで加熱することで、短時間で安価に活性水を製造することができる活性水製造方法および装置を提供する。

アポトーシス又はネクローシスの発生抑制方法
(抗アポトーシス又は抗ネクローシス誘導方法)

特許第5819861号

25~75μAの電流が流れるよう交流電圧を生細胞に印加することで、薬剤を投与することなく、簡易にかつ制御よく、生細胞において抗アポトーシス効果及び/又は抗ネクローシス効果を誘導するための方法を提供する。

冷凍品の解凍方法

特許第6209404号

従来に比べて冷凍品の解凍温度を0℃~マイナス10℃の間のマイナス温度帯で適切に制御しながら、電圧印加解凍の機能を有効に発揮し得る、新たな冷凍品の解凍方法を提供する。