サンテツ技研の独自技術“DEPAK”を用いた製品には、食材の品質や作業効率、衛生管理など様々なメリットがあります。
多くのお客様にご満足いただけた弊社の製品の強みをご紹介いたします。

What is DEPAK

DEPAK(デパック)とは

サンテツ技研が開発した、高電圧静電誘導発生装置の愛称です。
すべてのものは、酸化により劣化する。このことに着目し、開発されました。

DEPAKチャージャー(高電圧静電誘導発生装置)で作られる電気エネルギーを用いて、DEPAKの細胞活性化と酸化抑制効果により

  • ドリップの発生を抑制し、歩留まりを向上します。
  • 食材の変色や劣化を抑制し長期間保存ができます。
  • 長期間保管することで、うま味成分が増加し、低温で熟成が進みます。
  • 低温で保管し、ドリップの発生を抑制することで、菌の増殖を抑制します。
Advantages of DEPAK Products

DEPAK(デパック)製品の強み

01

歩留まりの改善

ドリップの流出を防ぐ

一般的な解凍方法は食材表面からの熱交換の過程において、食材の表面と中心に大きな温度の乖離が生まれ、解凍が均一に進みません。これは部分的に解けた水分がシャープエッジ(鋭利な刃物のような状態)となって、細胞膜を傷つけ破ってしまうことによって旨味成分や栄養分を含んだ水分がドリップとして流出流出するためです。
当社の独自技術DEPAKを用いることによって、解凍時に食材の細胞の一つ一つに働きかけることで細胞膜の劣化を抑制します。凍結・解凍時の物性変化(液体⇔固体)に伴う、細胞破壊を抑え、低温環境下においても極めて温度差が少ない効率的な解凍を行い、食材へのストレスを低減することによってドリップを大幅に減少させることが可能です。

解凍時の歩留まりは、冷凍庫解凍が91.0%に対し、デパック解凍では95.9%。デパックにより最大5%改善します。
02

均一な解凍

後工程がスムーズに

解凍には冷蔵庫解凍、流水解凍、電子レンジなど様々な方法があります。解凍すると表面だけ解けすぎてしまったり、逆に中心は解凍が不十分だったりと調節が非常に難しかったりします。
「DEPAK」と温度、風のコントロールにより食材の芯までムラなく均一に解凍することができます。
季節によって解凍状態が違ったりすることで作業が安定しないという煩わしさや、現状の解凍方法だとムラがあって中心が固くスライサーが使えないといったお困り事を、DEPAK解凍はまるで氷を解かすように解決します。

解凍ムラを少なくします。
03

作業効率の向上

おいしさを保ちながら短時間解凍

冷蔵庫解凍は、食材の表面と中心の温度差を極力抑えながらゆっくりと低温で解凍できるため一般的にはドリップを抑えて、衛生的に解凍ができると考えられています。ただ、低温で解凍するため時間がかかるというデメリットがあります。
逆に流水解凍は他の解凍方法に比べて短時間で解凍できますが、食材の表面と中心の温度差が大きく、食材本来の美味しさや旨味を損なってしまいます。また、水が流入することで食材が衛生リスクにさらされる危険性もあります。
DEPAK解凍は、冷蔵庫に近い低温環境下において、緻密に計算された温度と風量をコントロールし、DEPAKの効果によって食材の表面と中心の温度差を抑えることができます。食材本来の美味しさや旨味を逃すことなく冷蔵庫解凍のおおよそ半分の時間での解凍を実現。
季節や気温に左右されない安定したオペレーションを確立することで、在庫負担の軽減や突発的な発注への対応も可能になります。

一般的な冷蔵庫解凍と比較して作業時間を14時間短縮したケースもあります。

解凍後、鮮度保持に自動的に切り替わる操作性の良さ

解凍庫内に食材を入れて、ボタン一つで解凍スタート。任意の温度まで解凍されると、自動的に鮮度保持モードという低温の冷蔵庫の運転に切り替わります。解凍後の移し替え作業も不要になり、誰でも使えて一年中安定した解凍仕上がりに。

機器のタッチパネルとそれを操作する人の手
04

衛生環境の改善

汚れにくく、洗いやすい

低温環境下でドリップを抑えた解凍を行うのでフロアが汚れずドライで衛生的にお使いいただけます。日々の洗浄、メンテナンスも簡単です。洗浄性も抜群です。
また、ユーティリティは電気のみで完結する機械となっておりますので、ランニングコストも月々の電気代だけ。
現場の衛生環境の改善やHACCP対応もサンテツ技研にお任せください。
DEPAK解凍はスマートでクリーンな現場環境の改善を後押しします。

DEPAKの装置が並んでいる部屋。床は汚れておらず、綺麗に整頓されている。
05

品質改善

酸化を防ぐ

食品中に含まれる成分は酸化することによって、その品質や風味さらには栄養価値が変質します。例えば、食品の色素成分やフレーバー成分の酸化は色や香りに影響を及ぼし、品質が損なわれてしまいます。このように食品は酸化によって劣化が進んでいきます。
一般的には一度酸化した食品が元の新鮮な状態に戻ることはありません。すなわち、食品本来がもつ美味しさや新鮮さを守るためには、食品の酸化の進行を防ぐことが重要です。
当社の独自技術DEPAKは特殊な電気エネルギーを食品に与え、食品中と空気中の水分に還元雰囲気(弱アルカリ性化し電子e-を放出する環境)をつくりだすことによって、食品の酸化劣化を抑制することができます。
食材本来の美味しさや旨味を保ったまま解凍することによって、保存料や添加物の削減といった効果も期待できます。 また、解凍時のドリップロスを抑えることによって、加熱調理時の縮みを抑え加熱後の歩留まりも大きく変わってきます。

酸化変色抑制。2尾の生の海老が並べられている。一方は透き通った灰色なのに対し、もう一方は酸化して一部が赤くなっている。
Products with DEPAK

DEPAK(デパック)を用いた製品

独自技術「DEPAK(デパック)」を用いた弊社製品を
ぜひご検討ください。

製品ページへ