牛肉の鮮度保持熟成
うどんばしん様

導入機器

DEPAK鮮度保持機(SE-SS500WA)

導入のきっかけ

鮮度保持機で肉の熟成

当店はうどん屋さんですが、肉にこだわっているので熟成庫を探していました。
いろいろ検索し、サンテツさんの鮮度保持機にたどり着きました。

サンテツさんの鮮度保持機は、通常より鮮度を長期間保つことが出来るという機械です。
お肉を長期間鮮度を保ちながら保存することで熟成にも繋がりますし、一般的な熟成庫は肉にしか使えないのに対し、サンテツさんの鮮度保持機は肉だけではなく他の食材にも活用出来るという所にも魅力を感じ、鮮度保持機が気になり始めました。

1週間レンタルしてみて

サンテツさんの説明では、通常の冷蔵庫の倍長持ちするとのことですが、実際使ってみないと信じられないので、1週間レンタルさせていただきました。

レンタル期間中は、肉だけではなく野菜やレモンなど実験的に様々な食材を入れてみました。
その結果、まず一番驚いたのは野菜類の鮮度保持効果です。普通の冷蔵庫では乾燥が酷く葉物野菜なんかは特にすぐしなしなになってしまいますが、DEPAK鮮度保持機は乾燥もなくみずみずしさが保てていました。
また、スライス肉は変色も無く1週間経っても切り立てのままでした。

1週間でDEPAK効果をしっかり実感出来たので導入を決めました。

導入後のDEPAK効果

鮮度保持機にして正解

現在は主に肉の鮮度保持に活用していますが、今までなら3日くらいで変色していたスライス肉が1週間経っても変色も匂いも出ないのでとても助かっています。

肉だけでなく、様々な食材に使えるので鮮度保持機にして良かったです。

DEPAK鮮度保持機はお客様から見える位置に置いているので、綺麗な状態の肉をお客様にお見せ出来るのも嬉しいです。

ロスが出ないというのは、飲食店にとって大きなメリットですので、導入して良かったと思います。

怖いくらいの鮮度保持効果

実は実験的に、何日まで保存が出来るのか試してみたんです。

通常ならブロック肉は40日ほどでガスのような嫌な匂いが出てくるのですが、DEPAKは全く匂いが出てこなくて。一体何日持つのか気になって、そのまま80日まで置いてみました。
それでも匂いが出てこなかったんです。
さすがに怖いので80日の時点で食べましたが、まだまだ大丈夫そうでした。

取材を終えて

ここまでお肉にこだわったうどん屋さんは今まで出会ったことがありません。店内には神戸ビーフ品評会の盾がたくさん飾られており、芸能人のサインや写真もたくさん。

私も肉うどんをいただきましたが、お肉はもちろん麺も出汁も本当においしかったです。

取材へのご協力ありがとうございました。

Data

美味しいお肉にとことんこだわった、ここでしか味わえない絶品肉うどん。肉にこだわる為に神戸牛(但馬牛)を競りにて一頭買いするうどん屋です。

全国的に見てこの様な取り組みをしているうどん屋さんは皆無なので、メディアにも度々取材されます。

うどんばしん

大阪府岸和田市土生町2-1-21 ユウビルディングス 101号

https://udonba-shin.com/

導入機器

DEPAK鮮度保持機(SE-SS500WA)

製品紹介ページへ

Share

  • Facebook
  • Twitter
  • Twitter
虎給餌
餌用肉の解凍
福山市立動物園様
前の記事へ
記事一覧

事例新着

その他の事例を見る