牛肉の解凍
有限会社並木商店様

導入先

有限会社並木商店様

導入機器

解凍庫(SE-SC)

課題解決ポイント

  • 作業効率の向上
  • 品質の向上

導入の背景

従来の解凍方法への疑問

解凍後の品質を向上すべく、解凍庫の導入を検討しました。
業界では当たり前の、流水解凍や冷蔵庫解凍は衛生面や作業効率の観点から疑問を抱いており、解凍機を探していたところ、展示会でサンテツさんを見つけました。

解凍に対する考え方

解凍庫導入にあたり、解凍庫メーカー3社でデモをして比較しました。
当社の処理量を解凍しようと思うと、他社ではかなりのスペースが必要であったり、解凍が終わる度に冷蔵庫に移し替える必要があるなど、作業効率の改善は図れなさそうでした。

サンテツさんのDEPAK解凍庫は唯一スペース的にも問題なく、また解凍後自動で鮮度保持に切り替わる所が使い勝手も良さそうで、導入を決めました。

解凍への考え方は様々で、自然解凍や流水解凍でも食材は解けるのになぜわざわざ機械を導入するのか、という意見も社内では出ておりましたが、導入することで品質が上がる事、更にランニングコスト・人件費の削減や作業時間の短縮に繋がることを提案し、導入が決まりました。

導入後の効果

クレームが無くなった

DEPAK解凍庫を導入してからは、臭い関係のクレームが無くなりました。
導入後の歩留りは98%と、ロスもなく納得の仕上がりです。
また、解凍時間が短縮されたので、オーダー受付時間を長くすることができ、売上も伸びました。

Data

お客様とも従業員とも、誠実な関係を築きたいと思っています。いかにお客様のお役に立てるかを
忘れることなく、仕入れから加工まで、丁寧に商品作りを行っています。

有限会社並木商店
〒160-0011 
東京都新宿区若葉2-12

https://namiki29.com/

導入機器

解凍庫(SE-SC)

製品紹介ページへ

Share

  • Facebook
  • Twitter
  • Twitter
工場外観
タコの解凍
浜清水産株式会社様
前の記事へ
記事一覧

事例新着

その他の事例を見る